顔の脱毛は “脱毛サロン” で.

初めて脱毛サロンを利用しようという人は、いきなり「顔の脱毛」!という人はまずいないと思います。とりあえずお試しで脇や足・腕などをやってみて、自分の肌に合っていて 効果が実感できたら・・ というパターンが普通です。

顔の毛は他の部位と違って、”産毛” という特殊な毛。足や腕のような通常の毛で効果が無かったのに、顔の産毛に効果があるということはないんじゃないか という考えからだと思います。この考え自体はあながち間違ってはいませんが、こと光脱毛に関して言うと、通常の毛には効果があっても産毛には効果がない という場合も十分に考えられます。(断言しているわけではありません)

 脱毛サロンの光脱毛は産毛には効果がない?!

これは医療脱毛であるレーザー脱毛に関しても言えることですが、そもそも光脱毛とは 「毛の黒い色(メラニン)に反応する光を使って毛根を刺激して脱毛を促す」という原理のモトで行っているわけです。
 なので、毛が太く剛毛であればあるほど光(レーザーでも)は反応しやすくなります。

“顔の産毛” みたいな、元々メラニン色素が薄い毛は 光が反応しずらく、よって毛根まで刺激が伝わらず「脱毛しにくい」とされるんです。ですが最初に書いたように、今ではどこの脱毛サロンも独自にあれやこれやと工夫を凝らしていて、いかに他店よりも脱毛効果を上げるかに必死です。
様々な脱毛サロンがひしめき合う中、顧客獲得競争が激しく、「効果がない脱毛サロン」なんて口コマれようもんなら それこそ営業に差し支えます。

つまりどこも「企業努力をしている」と言う事。
それは、脱毛効果の追求にも表れていて、現に今では「IPL脱毛」を始め、「SSC脱毛」,「ハイパースキン法」,「顔コラーゲン法」など、一体どれがいいんだか、どんな違いがあるんだか、わからない状態。

ようは何が言いたいのかと言いますと・・
脱毛サロンでする “顔の産毛” は、個人差はあるものの、必ず効果はある! と言う事です。

 脱毛サロンの脱毛方法.いろいろあるけど どう違うの?効果は?

では、先ほどの脱毛方法について。

【IPL脱毛】・・”インテルス・パルス・ライト脱毛” の略。広範囲の光エネルギーの中から UV光(紫外線)のみをカットし、メラニンに反応する光だけをIPLフィルターで選別し、照射する。光(フラッシュ式)脱毛の主流。

【SSC脱毛】・・”スムーススキンコントロールメソッド” の略。抑毛成分を含んだジェルと、特殊な光(クリプトンライト)の相乗効果による脱毛方法。光の役割は、ジェルの内部に含まれている抑毛成分をその熱で分解すること。光が直接毛根に作用するわけではなく、熱で溶けた抑毛成分が毛根に働きかけて抑毛する と言うもの。

【ハイパースキン法】・・毛根の “バルジ領域”=発毛を促す部分 のみをピンポイントで狙う脱毛方法。毛が完全に抜け落ちて 再び生えてくる前を狙って照射することで 発毛を抑制する。

【顔コラーゲン脱毛】・・通常の光脱毛 + コラーゲンジェルを使用し、顔にコラーゲンを補給しつつ脱毛する と言う方法。この方法については、光自体にコラーゲンを作り出す効果を持っている場合や、施術前後のスキンケアとして施す場合 などがあります。
 
 
こうやって 脱毛方法の違いを比べてみると、おのずと “顔の産毛” の脱毛にはどれがいいのか わかりそうですね。
自分が気になっている脱毛サロンが、どんな脱毛方法をしているのか確かめて 自分にもっともあっている、いい! と思ったサロンを探してください。